バスケで審判なしで試合をしたり1ON1した時

ケンカになったり嫌な思いをした経験はありませんか?


全力でプレイするのはイイことだと思いますが

ある程度のマナーがなければ荒れた試合になってしまいます。



①『程度によりファウルになるプレイ』

これらのプレイは影響の程度にかかわらず

自分から意図して不当な行為をし得をしていることになります。


-1 スクリーンをセットした後に移動したり体を寄せて

ディフェスの動きを妨害する動き。

(イリーガルスクリーン ムービングスクリーン)


-2 普通にドリブルでボール運びしている相手に

ディフェンスからボールを奪うために密着していき

接触してしまうようなスティール。

(ブロッキング プッシング イリーガルユーズオブハンズ)


-3 ドリブルが終わったりピボットしているオフェンスに

ディフェンスから密着・接触してしまうようなプレイ。

(プッシング イリーガルユーズオブハンズ)


-4 ボックスアウト(スクリーンアウト)をした時に

手で相手を押さえつけるような動きや

相手を外に押し出すような動き。

(ホールディング プッシング)


不当な接触だが影響が小さいならノーファウル

影響が大きければファウルになる行為は

影響の大小を双方が同程度と認識しているとは限らない。

やられた側は影響が大きいからファウルされたと感じても

やった側は小さいからノーファウルだと思っているので

ファウルの自己申告がなく

更に、熱くなった人、負けず嫌いな人、自己中な人、ほど

一方的に有利になるのでトラブルの原因になります。

みんなで協力してトラブルなく試合を進める為には

自分から意図して接触する行為はマナー違反になります。


②『危険なプレイ』


-1 明らかに最初から立っていた場合は除き

チャージングをとりに行くような動きは

意図して自分から危険なプレイを誘発したことになる。

また、胴体にオフェンスがぶつかったとしても

チャージングにはならない場合が多いので

審判がいない状況では双方に不満が残る判定になる。

(チャージング ブロッキング)

危険なプレイでのケガを全て避けることは不可能ですが

危険な状況を避けるための努力は必要です。


③『不快な行為』


-1 審判のタッチが必要なスローインの時に

ディフェンスが配置につく前に攻撃する。


-2 シュートを妨害する為に

手を叩く、地面を踏みつける、大声を出すなどの嫌がらせ。

(テクニカルファウル)


-3 3秒ルール、トラベリングやファウルなど

相手チームの選手が指摘する。


④『リスクがないことを利用したチャレンジ』


-1 DFリバウンドをとった直後の選手に対して

ボールを奪うためにカットを狙ったり

OF選手の後ろからカットを狙うようなギャンブル的なチャレンジは

チーム・個人ファウルの累積などのリスクがあるからこそ平等だが

リスクがない状況でチャレンジするのは不平等なので

100%ファウルにならない自信がある場合は別として

奪えたらラッキーみたいなチャレンジは控えた方がいい。


『まとめ』

審判がいない場合のマナー・ルールとして

守ろうとして不当な接触になってしまう場合は仕方ない。

例えば、接触する意図はなく偶然ぶつかってしまった場合。

ボールを叩こうとしたが偶然に手を叩いてしまった場合。

ドライブをしてきた相手に接触してしまう場合。

このように意図して不当な接触をしていない場合や

自分から接触をしていない場合は問題ありませんが

奪おうとして接触になってしまう行為はマナー違反です。


知識不足から、熱くなってなどマナー違反なプレイがあった場合

同じチームの人が出来るだけファウルを申告してください。

全力でプレイするのは良い事ですが審判がいると公平なプレイも

審判がいなければ不公平になるプレイもあります。


仮に、審判がいる試合ならスコアが60対60の同等のチームでも

審判のいない状態で

マナーを守るチームとマナー違反のチームが試合をすると

40対80みたいなスコアになってしまいます。

マナー違反する側は気分よくプレイできますが

相手はかなり気分悪いです。


協力してゲームを円滑に進行するのが前提ですので

審判がいないからこそクリーンなプレイを心がけてください。